爪の痛みは正しい歩行で治せる

ilm19_aa01014-s

 

ある日から爪が皮膚に食い込んで痛いと発覚してから、自分で元の快適な状態に戻す方法がいくつかあります。

 

まず、「歩き方」を直す必要があります。

親指の爪が痛いのでしたら、痛い箇所を重点的に体重を乗せて歩くことが大切です。

 

脳でも筋肉でもそうですが、人間は段々そのような部分に刺激を与えないと、時間と共に弱っていくのです。
そうすると、IQが下がったりちょっとした運動でも怪我をしてしまう可能性が生じてくるのです。

 

これと同様爪という部分においても、できれば毎日刺激を与えることで正常を維持することができるのです。
というのも、年齢と共に爪は厚みを増し、爪の付け根が鋭角に湾曲しやすくなる傾向があります。

 

もし、爪が痛いということでまだ若い方でしたら、「歩行をしっかり行えば、元通りな爪に戻る」のです。
人間はそもそも二足歩行をして、生活をする動物です。
昨今あらゆるハイテク化に伴い便利な生活を送れるようになった原因にこの痛みは生じるのです。

 

少しでも部屋を歩き回ったり、外に出て散歩をして見てください。
できるだけ痛い箇所に重心を置き、足元は内側で体を支えるように歩いて下さい。

 

そうすると、少しずつですが、痛かった箇所が数ヶ月で緩和して来るのです。

 

それだけではなく、「O脚」も改善してしまうという副産物も手に入ります。
そうしますと、身長も若干伸び、歩き方が綺麗に見えるようになるのです。

 

歩くことは、人間にとってかけがえのない基本的な生活様式なのです。
こんなことで果たして爪の痛みを和らげられるのか不安と思う方もいるでしょう。

 

もし、この方法で治らないかった場合、大人しく皮膚科での受診をおすすめします。