爪が痛い症状を治した体験談

a0001_000224

 

仕事柄一日中パンプスを履いている生活のせいなのか、足の親指の爪が指の肉にくいこむようになりました。
はじめはちょっと痛いなと思う程度で痛みをまったく感じない日もあったので、なんとなくそのうち治るかもと放置していました。

ですが一向によくなる気配もなく痛む日の方が増えていき、立ち仕事にも差し障るようになっていきました。

 

それでくいこんだ爪を自分で切ったりしていたんですが、結局さらに爪がくいこむことになり深爪になってしまいました。
このままでは歩くのもままならなくなるのではと思い、病院に駆け込みました。

 

診断は「巻き爪」でした。

私のように症状が結構進んでから病院に来る人が多いそうです。

 

私の場合は症状からみて、弾性のワイヤーを付ける治療が良いということでその治療を受けました。
ワイヤー治療にはある程度の爪の長さがいりますので少し伸ばして、ワイヤーを付けて様子をみました。
大体ひと月ぐらいで良くなってワイヤーも外すことができました。

 

その後は再発はしていませんが、あの痛みはもう絶対繰り返したくなかったのでいくつか普段から気を付けるようになりました。

 

まずは深爪を絶対しないように、爪は必ず「スクエアに切る」ようにしています。

 

またパンプスもできるだけ足のことを考えたものに替えました。
早期であれば普段の生活で十分改善することができるので、お風呂上りなどに必ずチェックするようにしています。

 

私の友人も巻き爪になりましたがかなり放置していて、膿も出ていたので手術しました。
通院などもあり大変でしたが今はよくなっていますし、私と同じように普段からいろいろ心がけていると言っていました。

 

自宅で治すことができる商品「巻き爪ブロック」などもたくさん出ているので、まずは爪だからとそのまま放置せず早めの対策が大切です。