「幸せの爪切り」なら痛みを和らげながら爪を切ることができます

a0007_000246

 

h4私の主人が巻き爪に悩んでいます

 

 

私の主人が、若い頃からずっと、「巻き爪」に悩まされています。
主人の実家は全員、巻き爪なので、遺伝的なものもあると思います。

 

義妹は、毎月、病院で足の爪を切ってもらっているそうです。
遺伝的な場合は仕方ないことなので、病院へ行くなり、薬を処方するなり、医師の診断に任せるしかありません。

 

他に、ときどき痛みがあるとか、我慢できる範囲だけれど、慢性的に爪の痛みを感じるのであれば、自力で、対処する方法があります。

 

まず、爪を短く切り過ぎないことです。
特に足の親指は、爪が大きいぶん、短く切りがちですので気をつけましょう。

 

靴下が引っ掛からないように、爪の先をしっかりと丸く削っておくと良いです。
痛みと腫れがあったら、市販の抗生物質の塗り薬を、患部に塗ると、治まることもあります。

 

巻き爪専用のニッパー的な爪切り「幸せの爪切り」を使うと、多少の痛みを和らげながら、爪を切ることができます。
使い方を間違えると、爪が割れたり、さらに皮膚に食い込むおそれがあるので、使用方法をしっかりと読んでからにしてください。

 

それほど高額な商品でもないし、正しく使えば楽になるそうなので、一度ためしてみる価値があると思います。

 

最後に最も大切なことが普段の「歩き方」と、靴えらびです。
がに股とか、内股で歩くと、足の裏に負担がかかります。

 

歩行中は、どうしても足の親指に力がはいるので、正しい歩き方をしていないと、当然、爪にも負担がかかります。
足の指全体に力がはいるような、ヒールの高いパンプスは履かないこと、外反母趾になるおそれもあります。

 

職場では、決められた靴をはかなくてはいけないかもしれません。
インソール」などを使って、足の指に力が入り過ぎないものを、選んで使うと良いでしょう。

 

普段の生活では、先のつまった平べったいサンダル系を、年間とおして履くようにすれば、巻き爪が、外部にあたって痛いということが、起こりにくくなります。
以上のことを気にかけながら、巻き爪と上手につきあっていってください。

 

li610_02

 

siawase11幸せの爪切り

 

㈱ゴッドハンドが販売する万能爪切り

巻き爪が切れる爪切りとして好評

 

li610_02