自宅で出来る巻き爪の改善法

a0006_000270

 

巻き爪は放置しておいても自然に治るものではありませんから、どうにか対処をしなくてはいけないですね。
何もしないままでいると、どんどん症状が進行してしまう場合もあり、痛みで歩けなくなってしまうほど悪化してしまったり、爪の食い込みによって指が膿んでしまうこともあります。

 

病院で治療を受けることが一番いい方法ですが、自宅でも出来る巻き爪の改善方法や痛みを和らげる方法もあります。
病院へ行く時間がない人や、病院へ行くほどの症状ではない人は、参考にしてみてください。

 

巻き爪に効果的で手軽に出来る改善方法が、市販されている巻き爪対策グッズです。
ばねの力を利用して爪を正常な形にする「巻き爪ブロック」や、クリップを爪に差し込んで巻き込みを改善するものなど、様々な対策グッズが売られているので、口コミなどを参考にして一度購入してみるといいですね。

 

効果は爪の巻き込み具合によって差がありますが、痛みはかなり和らげることが期待できます。

 

また、痛みを和らげるためには爪の切り方にも気をつけなくてはなりません。
短く切りすぎてしまうと、伸びてくるときに指の肉に食い込んでしまって痛みが強くなります。

 

指先よりも少しだけ長めに爪を残し、丸く切るのではなく、横に真っ直ぐ、「スクエア型にカット」しましょう。
そのとき、角の部分はヤスリでなだらかにしておくと、ストッキングや靴下を履いたときの引っ掛かりがなくなります。

 

巻き爪を悪化させないために、靴の選び方や「歩き方」にも注意しましょう。
先端の細い靴は出来るだけ避け、サイズも大きすぎず、小さすぎず、自分の足に合ったものを選ぶことが大切です。

 

正しい靴の選び方が分からない場合は、靴屋さんのスタッフの方にアドバイスをもらうといいですよ。

 

 

checkなりはじめの巻き爪の自宅対処法

 

 

突然足の親指が痛くなって歩けなくなったことはありませんか?。

 

親指の爪が皮膚に食い込んで痛くなるのは、巻き爪といいます。

これは経験した人しか分からないと思いますが、とても痛いものです。

 

原因は深爪や、足に合わない靴を履いていることだといわれています。

 

ひどい状態になってしまうと、皮膚科にいくことが大切で、場合によっては手術が必要なこともあります。
そこまでひどくない場合には、自宅でケア出来る便利なキットなどもたくさん販売されていますが、急に痛くなったごく軽度の巻き爪はもっと簡単に自分でケアすることができます。

 

使用するのは、「医療用伸縮テープ」これだけです。
ようするに、食い込む巻き爪をテーピングしてしまうのです。

 

詳しいやり方は、くい込んで痛い側の爪に伸縮するテープを貼り付けます。

 

そして反対側の方向へテープを引っぱりながら、らせん状に足の指に巻き付け固定します。
この時しっかりとテープを引っ張って、爪と皮膚を引き離す感じにするのがコツです。

 

ごく簡単な方法ですが、これで爪を十分に伸ばすことができるので、痛みはぐっと減ります。
しっかりと爪が伸びていくまで、しばらくはテーピングを続けてください。

 

医療用伸縮テープは手に入りやすいですし、つねに自宅に一本置いておくと安心です。

 

日頃から爪を短くし過ぎないこと、爪の両端を落とさないことが大切です。
深爪にしてしまうと、巻き爪になりやすいのです。
イメージ的には、四角い爪を作る感じです。

 

そして靴は足に合わないものを避け、ヒールの高いものは毎日履かないようにするなど気をつけていきましょう。