爪が痛いCOM ~巻き爪・陥入爪を家庭で治す方法~


h4爪が痛くなる原因とは


tututu

こんにちは。
足の親指の「爪が痛い」と歩くのにも支障をきたしてきて大変ですよね。

足は常に体を支えています。ですので、足先が痛むと何をするにも困難を伴います。

足の親指の爪が痛いという場合、「巻き爪(まきづめ)」、「陥入爪(かんにゅうそう)」、そして「爪水虫」が主な原因として考えられます。

爪水虫の場合は、初期段階では全く自覚症状がないことが多いですので、

・現在痛みを伴っている
・爪が変色して変形している
・割れている

という状態はかなり病状が進んでいる可能性があります。

爪が異常に内側に湾曲していく巻き爪、これは内側に湾曲している爪がのびて肉にどんどん食いこんでいくことで激痛が生じます。
また、巻き込まれた肉が化膿して痛みが発生すると歩行困難にまでなってしまうこともあります。

母趾に多くみられ、爪の先端や側面が周囲の肉に食い込み炎症を引き起こす陥入爪。
巻き爪とは違いますが、併発している方も多く見られます。

巻き爪、陥入爪の原因となるのが、

・深爪しすぎる
・つま先の細い靴をよく履く
・5cm以上のヒールをよく履く
・大きすぎる靴、もしくは小さすぎる靴を履いている
・大きな刺激が加わった

などが挙げられます。

意外に多いのが、爪の切り方の問題。
肉にあたって痛いからと自分でどんどん深爪にしていく、サイドを異様に短く切ってしまう、これは知らず知らずの内に巻き爪を悪化させる原因になります。

足の爪は丸く切らずに「スクエア型」に深爪せずにこまめみ切るのが基本です。
切り方に注意を払っておくだけでも予防になりますのでぜひ気を付けて下さいね。

さて、足が痛い、歩きにくい、何かおかしいと気がついたなら早めに病院に行くことが大切です。
自分で治そうとしても、なかなか難しいのがこれら足爪のトラブル。

歩けなくなったらすべての生活に影響します。
早めの受診をこころがけましょうね。

li610_02

h4巻き爪になる3つの原因


ilm14_be03003-s

巻き爪(まきづめ)」、「陥入爪(かんにゅうそう)」は足の親指の爪の角の方が皮膚に食い込んでしまい、歩いたりその他の時に痛みが出る爪の病気です。

また、それが悪くなってくると爪の食い込んでいる皮膚から細菌感染などを起こし、激痛がするということにもなるのでさらに注意が必要となります。
日本人には多い病気で発症頻度は10%程度と考えられています。

発症の原因としては大きく三つが考えられます。


point1深爪


一つ目は足の爪を切るときに角の方を深く切り込んでしまう、いわゆる「深爪」をすることが原因です。
巻き爪を発症して痛いからといってさらに深爪をするとさらに症状が悪くなって行く悪循環に陥っていくことにもなりかねません。

もともと足の爪幅が広い人は特に発症しやすいので特に注意が必要なのです。


point2靴が合わない


二つ目は爪が皮膚の方に押されて発症するのが原因で、つま先の細いハイヒールなどの靴を履くことが発症しやすくなります。

ハイヒールなどをよく履くので女性の発症の頻度が高くなってしまうのですが、全体的に「サイズの小さい靴」を長時間履いて歩き回ることによって性別にかかわらず起こります。


point3爪水虫


三つ目にはいわゆる「爪水虫(爪白癬)」がある人は爪が変色や変形するので発症することがあります。

しかしこの爪水虫が原因の発症では爪水虫を治療することによって巻き爪もよくなるということも多くあります。
かなり悪くならないと治療をする人はあまりいないのが実情でありますが、治療法としては爪にワイヤーを通したりする爪矯正などがあります。

再発や完治しない場合には、完治させるためには手術をするということが確実な治療法となります。

li610_02

h4私は巻き爪ブロックで治しました


a0007_000192

学生時代はどちらかと言うと、軽めのカジュアルなシューズを履いていた私ですが、就職してからはフォーマルなものを履く毎日となりました。
足の疲れには慣れましたが、意外な副産物に悩むようになりました。

それは「巻き爪」です。
足の親指の爪が内側に曲がっていって皮膚に食い込んでくるのです。
これが痛むようになってしまったのです。

靴を可能な範囲で幅広のものに変えて痛みを軽減させていましたが、それでも巻き爪自体は治りませんでした。

そこで自分で出来る巻き爪の矯正法はないかと調べてみました。
すると多くの自宅用の巻き爪矯正グッズが売られていたのです。

さらに詳しく調べてみると、

・形状記憶のクリップを爪に嵌める方法
・バネを爪にはめて矯正する方法
・テープの矯正グッズ

の3つがありました。

私はバネ式の「巻き爪ブロック」というのを選んで購入しました。
付けた途端に痛みが少し和らいだのには驚きました。

小さいとはいえ、バネの矯正力は相当強かったです。
こうして、爪の両端にバネを付けて毎日を過ごすようになったのです。

すると、装着して一週間ほどで痛みが徐々に改善してきました。
痛みを気にせず踏みしめる事の有難さをあらためて感じました。

爪の形はまだ曲がっていたので、根本的に矯正しようと、さらに装着し続けました。
私は比較的、症状も軽かったこともあり、1ヶ月もすると爪の状態がほぼ元の姿に戻りました。

巻き爪や陥入爪で痛い思いをしている方がいましたら、私のように自宅で出来る矯正グッズを使ってみると良いと思います。
色々な種類があって価格もそう高くありませんので、何か一つを選んで試してみることをお勧めします。


➡ 小顔注射(BNLS注射)のメリットについて




最終更新日: 2018年06月22日